小規模ブランド買取店のデメリット

全国展開?それとも地域密着型?

ブランド品を買取してもらう時には、お店選びが大切です。お店によってサービス内容や買取額に差が生じることがあるからです。全国展開する大規模ブランド買取店と、地域密着型の小規模ブランド買取店で比較してみましょう。

大規模店でブランド買取をしてもらおうと思ったら、「店頭買取」「宅配買取」「出張買取」の3つの中から買取方法を選べます。どの買取方法でも無料で対応してくれるところがほとんどですから、自分のライフスタイルにあわせて買取してもらえます。一方、小規模店の場合は、スタッフの数が少ないために出張買取ができなかったり、宅配買取にかかる送料が有料のところがあります。店頭買取しかおこなっていないなら、ブランド品を持ってお店に足を運ばなくてはいけません。

人気の品でも在庫が多ければ査定額は低くなる

小規模店ではスタッフの数が少なく、得意分野以外のブランド品が持ち込まれた場合に、適正な査定価格を提示できない恐れがあります。また、商圏内で人気のないものは高値で買取してもらえませんし、プレミア価格がつくようなレアな品でも、売れないリスクがあるなら査定額が低くなりがちです。たとえ人気の品でも、既に在庫が十分ある場合には、査定額は低くなってしまいます。

しかし大規模店なら、どのスタッフが査定しても査定額に幅が生じないよう、一定レベルが保たれています。そのうえ、中古市場における相場や人気商品、レアな商品を把握しているので、たとえ珍しい商品が持ち込まれても、正当な査定額を提示できるだけの知識を身につけています。また、その店の商圏で人気がなくても別の地方で人気があれば高額買取が可能ですし、自店の在庫が十分あったとしても系列店に回すことができるので、在庫量が査定額に影響しづらいと言えるでしょう。